1歳までの赤ちゃんと遠出するときに必要なもの、役に立ったもの5選

赤ちゃんが大きくなってくると赤ちゃんと一緒に実家に帰省する、家族旅行に出かけるなど遠出する機会も増えてきますよね。近場のお出かけなら何かあればすぐに帰ることもできますが、遠出するとなると何を持っていけばいいのかな?

この記事では1歳までの赤ちゃんがいざという時に必要になるものや、遠出してみて役に立ったものなどをまとめてみましたので、是非参考にしてみてくださいね。


赤ちゃんとのお出かけはいつ頃から?

赤ちゃんとのお出かけは早い人で新生児の頃からになり、1ヶ月・2ヶ月と月齢を重ねていくごとにその機会が増えてきます。なかには産後のママの体調によって病院に通院しなくてはいけないなどの事情で、新生児のうちからお出かけする場合もあります。

本来ならパパに預けてお出かけできるのが一番ですが、パパに育児をお願いできない、仕事があってほとんど家にいないなどそのご家庭によっても状況は異なるはずです。

1か月検診が終われば遠出は可能

赤ちゃんとの遠出に関してですが生後1ヶ月に病院にて行われる「1ヶ月健診」が終われば遠出をすることもできます。多くのママはこの1ヶ月健診を目安に実家から家に戻る人も多いでしょう。とはいえ3時間の移動など大人だって疲れますよね。まだまだ赤ちゃんも小さいのでママにも赤ちゃんにも負担がかかります。

推奨は3~4か月たってから

生後3ヶ月~4ヶ月の首が座ってからの時期の方が赤ちゃんへの授乳のサイクルも安定してくること、ママの体調も良くなるのでもし日程的に可能であればこのぐらいを目安に遠出はするのがいいでしょう。

旅行なら5~6か月が目安

旅行などの場合は、生後5ヶ月~6ヶ月頃をおすすめします。ちょうど夜泣きも始まってしまう時期になりますし、移動や旅行先での環境の変化など赤ちゃんにとってなれないことばかりの環境はとても負担がかかりますので注意してくださいね。

赤ちゃんとお出かけする時の基本セット

赤ちゃんと一緒にお出かけする場合、基本となるセットがあります。これだけは準備していかないとお出かけの際に慌ててしまうことになりますので、マザーズバッグなどに準備しておき、忘れずに持ち歩くようにしましょう。

・母子手帳
・健康保険証
・乳幼児医療証
・赤ちゃんの取り替える用のおむつ
・おむつ替用のシート、お尻拭き、消臭袋
・汚れてしまった時用の洋服、ガーゼ、スタイ
・哺乳瓶、粉ミルク、水筒にお湯

など赤ちゃんに何かあった時にすぐに病院に行けるように持ち歩く書類や、おむつ・授乳用のグッズなどは最低限入れておくといいでしょう。母乳で育てているママは授乳用のケープなども必要ですし、寒い冬の場合おくるみ・防寒着なども準備しておき気温に合わせて赤ちゃんを守ってあげることも大切です。

季節によってもお出かけの基本セットは変わります。荷物が増えても良いように大きなマザーズバッグは産後すぐに用意しておきましょう。

赤ちゃんと遠出する時に必要なもの・役に立ったもの

基本セット以外に赤ちゃんと遠出をすることになった場合、どんなものを用意したらいいのでしょうか。いつも以上に持ち物は多くなり大変ですが事前に準備しておきましょう。

おもちゃ

長時間の移動は赤ちゃんにとってとても退屈で負担になりやすいものです。だからこそ、赤ちゃんの気持ちが紛れるようなおもちゃをいくつか用意しておき、バッグに入れておきましょう。泣き出してしまった時でもおもちゃがあるだけで安心です。

冷却シート

夏の遠出などの場合、熱中症などの危険性もあります。赤ちゃんはもともと代謝が良く汗っかきなので冷却シートを用意しておくと安心です。とはいえ寒すぎる場所は赤ちゃんの負担になりますので体温を見ながら冷やしすぎないようにしてくださいね。

汗取りパッド

遠出する時にチャイルドシートを使う場合、汗取りパッドも一緒に準備しておきましょう。チャイルドシートとの間に汗をかいてしまいとても蒸れるので敷いて様子を見ましょう。ハンドタオルなども準備しておき、赤ちゃんの汗はこまめに拭ってあげましょう。

哺乳瓶(母乳のママでも)

普段母乳で赤ちゃんを育てているママの場合哺乳瓶などは持ち歩かないという人も多いと思いますが、遠出をする場合は哺乳瓶や粉ミルク・吐き戻し用のスタイなども一緒に用意しておきましょう。哺乳瓶があればママが授乳できない場合でも、パパが変わってくれる場合もありますし状況に応じて使い分けることができます。

レジャーシート

特に旅行に行くときなどにレジャーシートが必要になることがあります。観光地などでは、赤ちゃんのオムツ変えができる場所がなかったり汚かったりするのでレジャーシートがあれば最悪の場合、平らな地面でも寝かせてオムツを変えることができます。

赤ちゃんと遠出をする場合、基本セットに上記のものも追加して持ち歩くようにしましょう。また基本セットの中身に関しても普段の倍以上の量は持っていくようにしましょう。離乳食が始まっている赤ちゃんは離乳食のセットなども必要ですし、はじめて遠出する時は少し大変かもしれませんが過剰な量の荷物ぐらいの方が安心できるはずです。

赤ちゃんと遠出する時の注意点

赤ちゃんと遠出する場合、車で移動する人も多いのではないでしょうか。

車に載せる時は必ずチャイルドシートを着用するようにしましょう。また赤ちゃんの月齢が低いうちは直射日光なども良くないので、日よけカーテンやシェードなどを使い長時間、赤ちゃんの肌に紫外線が当たらないようにしましょう。

赤ちゃんの場合泣いてしまったら休憩など今まで以上にこまめに休憩をすること、のんびりと走り赤ちゃんの負担にならないようにしてあげましょう。あまりにも激しい運転だと揺さぶられ症候群担ってしまう場合もありますので注意が必要です。

電車などの場合はこういった心配はありませんが、赤ちゃんの体調や機嫌などはしっかりと確認して、少しの変化でも気付けるようにしましょう。

赤ちゃんと遠出する際の注意点:まとめ

赤ちゃんとはじめて遠出する場合、慣れないことだらけでママも不安に感じることでしょう。遠出する時に必要なものを確認しておきなるべく多めに用意してあげましょう。遠出も何回かしているうちにここまで心配しなくても気軽にできるようになります。

最初はママもパパも赤ちゃんもわからないことだらけで不安ですので遠出の前はしっかりと準備をしてあげるようにして様子を見てあげてくださいね。また遠出の時は赤ちゃんの様子をこまめにみること、お目当ての場所に到着したら赤ちゃんを褒めてあげてゆっくり休めせてあげるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする