妊娠を期にタバコをスパッとやめたい!タバコを止める方法4選

妊娠するとタバコを吸うことで胎児に影響をきたすことを知り、この機会にタバコから卒業したい!と意気込んでいるママもいるのではないでしょうか。タバコは胎児だけでなくママの健康にも悪影響を与えますし、値段も高いなど良くないことがたくさんあります。

でもタバコが生活の一部になっている場合、気持ちではそう思っていてもなかなか実現するのは難しいものです。この機会にスパッとタバコを止めたいママの為にその方法をご紹介します。


妊娠中にタバコを吸うと胎児にどんな影響が?

タバコは百害あって一利なしといわれますが、お腹のなかにいる赤ちゃんにどのような影響があるのでしょうか。タバコに含まれている「ニコチン」「一酸化炭素」などの有害物質が体に取り込まれてしまい、血管の収縮を起こします。その結果血流の流れが悪くなり赤ちゃんに栄養を送る胎盤の機能の低下に繋がります。

またタバコの一酸化炭素はヘモグロビンと結合することで酸素が体内に充分に運ばれなくなるなど、赤ちゃんの成長にとって害をなす存在となってしあいます。妊娠して産婦人科に行くと医師からも「タバコを吸いますか?」と質問されます。

成長に影響する=「新生児の低体重」の原因となります。低体重とは主に2500g未満で生まれる赤ちゃんのことをいい本来ならママのお腹のなかで成長しなくてはいけない機能が充分に育たず、様々な感染症の原因となります。

赤ちゃんの発育では肺が一番にできるといわれており、成長できないと「無呼吸」「新生児突然死症候群」「新生児仮死」などの可能性も出てしまいます。他にも「発達障害」「言葉の発達」などの遅延の原因となる場合もあり、それだけタバコが赤ちゃんに与える影響が大きいことがわかります。

妊娠中にタバコを吸うことは赤ちゃんへはもちろんママの体にも悪影響になります。子宮がんのリスクを高めてしまうこともわかっており、妊娠中はタバコを吸わないようにして赤ちゃんへはもちろんママの体も守ってあげましょうね。

出産後タバコを吸うと赤ちゃんにどんな影響が?

では出産後ならタバコを吸ってもいいのか?どんな影響があるのか気になりますよね。

「受動喫煙」という言葉を聞いたことはありますか?あなたの近くでタバコを吸っている人がいる場合や、煙を吸うことで自分がタバコを吸っていなくても2・3倍のニコチンを吸い込んでしまいます。タバコの先端から発生している副流煙は有害物質の配合量が多いので、それを赤ちゃんが吸ってしまうと大人よりも体が小さく臓器の発達もできていない分、タバコの影響を強く受けてしまいます。

また、ママの授乳中はとった食べ物によって母乳の味が決まるともいわれておりタバコを吸うと母乳の味や出にも影響します。赤ちゃんが嫌がって飲んでくれない場合も考えられます。出産後だからといってタバコを吸うと赤ちゃんにもママにも影響が出てしまうことがわかりますね。

タバコを止める方法にはどんなものがあるの?

では妊娠を機会にタバコを止める方法にはどのようなものがあるのでしょうか。自分にあった方法でストレスなく禁煙できるのが一番ですよね。

まずは3日止めてみる

タバコを一生吸わないと決めてしまうと余計にストレスを感じてしまうこともあります。
まずは3日間禁煙する日を作ってみましょう。3日がクリアできたら次は1週間、1ヶ月…と伸ばしていくと自然とタバコを止める機会になるかもしれません。悪阻がひどい妊婦さんは悪阻のタイミングで禁煙ができたなんて話もありますが、まずは気負いせず禁煙することからはじめてみましょう。

パパと一緒に禁煙

タバコを吸うご家庭はパパもなんて人も多いでしょう。ママだけ禁煙するとパパがタバコを吸う度不公平さにイライラしてしまうので「一緒に禁煙する」ようにしてしまいましょう。ママだけが禁煙していてもパパが隣でタバコを吸って入れば副流煙の影響があり難の意味もありませんしね。タバコを止めることで節約にもなります。

タバコ貯金をはじめてみる

タバコ1箱500円前後の金額がしますよね。タバコを止めたついでに貯金にまわし「旅行」の計画を立ててみてはいかがでしょうか。1日500円ということは30日で15000円にもなりますしそれが半年なら充分旅行に行ける金額の貯金ができます。

安定期に入ったら体調を見ながら温泉に出かけてみてもいいですし、何か目標があるだけでタバコを止めるのも苦にならなくなります。ママとパパの時間を楽しむことにお金を使うようにしましょう。

ストレスを溜めない

タバコを止められないママの原因がストレスの場合もあります。妊娠中は気持ちが不安定になりやすく通常時よりもストレスを溜め込んでしまいがちになります。適度な運動をしたり美味しいものを食べたりして少しでも気分転換することも大切です。

好きなTVドラマに没頭するのだっていいですよね。ストレスからタバコに手が伸びてしまわないように工夫しましょう。

それでもタバコを止められない時は?

いろいろ禁煙を試してみたけどどうしてもタバコを吸ってしまう…なんて妊婦さんもいるでしょう。赤ちゃん大丈夫かな?と心配なのに止められない…。妊婦さんの中にはそんな人もいます。だからといって自分を責めるのは止めましょう。

禁煙外来に行き医師に相談するのも一つの方法ですし、禁煙パイポなどを使い口寂しくなってしまうのを防ぐ方法もあります。まずは一人で抱え込むのではなくパパにも相談して一緒に禁煙を心がけていきましょう。禁煙外来に行くときは産婦人科のかかりつけの医師にも相談してみるといいでしょう。

まとめ

妊娠したからといって今までの習慣であるタバコをかんたんに止められる人ばかりではありません。タバコは想像以上にお腹の中にいる赤ちゃんや、子どもにも影響を与えますので、まずは禁煙をしたい!という気持ちをもつことが大切です。

その上でママのストレスにならないように充分に注意しながら禁煙をはじめてみましょう。だからといって1本吸ってしまったことに過度に罪悪感を持ち自分を責めるなんてことは止めましょう。禁煙は妊娠中だけでなくあなたの体を守るためにもとても大切なことですので、いい機会だと考えるようにしましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする