姿勢が悪いと集中力も筋力も落ちる!子供に負担のない姿勢の矯正法は

「猫背だと背骨が曲がるよ!」と自分が子供の頃に親から注意されたことはありませんか。子供ながらになんで怒られているのだろう?なんて不思議に思っていたものですが、実際に姿勢が悪いと子供の発育にとって何もいい影響はありません。

近頃は姿勢の悪い子供が増えていて、子供にはその重要性がわからないので自分が楽な姿勢や親の姿勢を真似してしまう場合もあります。子供の姿勢が気になった時に、負担をかけずに正しい姿勢に矯正する方法はないのでしょうか。


姿勢の悪い子供が増えている!?その原因とは?

昔に比べ子供の姿勢が悪くなってきたと言われています。外で遊ぶことより室内でゲームをすること、パソコンをして長時間家の中で過ごす機会が増えたこともその原因となっています。外で遊ぶ場所が減っているのもその要因の一つになるのですが、長時間ゲームをしていると大人でも無意識のうちに集中して猫背になっていることもありますよね。

外遊びの減少

外で遊ばないことで筋力の低下も起こります。正しい姿勢を保つということは腹筋をはじめ筋力を使うことでもあります。その筋力がない子供は一時的に正しい姿勢になれたとしてもそれを保つことはできません。そんな姿を見ても注意をしない親も増え、姿勢が悪い状態が当たり前になってしまっているのです。

子供の五感は外遊びで鍛える事ができる!自然とのふれあいが子育てに役立つ理由とは?
子供の成長に五感の発達はかかせません。子供の五感に関してはお母さんのお腹の中にいる胎児の頃からそのもととなる原型が作られるといわれて...

普段使うイスや机の高さが合ってない

子供の姿勢が悪くなる原因として毎日使っている椅子や机の高さが合っていない場合や、カバンを片方の肩で持つ癖がある場合なども考えられます。椅子を選ぶ時は、足の裏が地面について太腿が椅子からはみ出て浮いてしまわない椅子を選ぶようにしましょう。

子供の姿勢が悪いのかチェックしよう!

まずは自分の子供の姿勢がどのぐらい悪いのかチェックしてみましょう。思っている以上に姿勢が悪く子供の成長に影響しているかもしれません。

1.まずは壁にかかとをつけ立ちます。
2.その状態のまま耳たぶや肩・股関節・くるぶしの状態を確認します
3.一直線になっていれば良い姿勢です
4.少しでも曲がっている場所があればその場所を正す必要があります

あなたの子供はどうでしょうか?姿勢の悪さは子供が気付けるものではなく、親が気付いてあげて正しく直してあげることが大切です。

子供の姿勢が悪いことでどんな影響があるの?

子供の姿勢が悪いことで実際にどんな影響があるといわれているのでしょうか。姿勢の悪さは子供の成績や成長・運動などのさまざまな部分に影響があるといわれているので注意が必要なのです。

集中力の低下

姿勢が悪いと集中力が低下してしまい授業に身が入らなくなるともいわれています。幼稚園や保育園の時は大差がないにしても小学校など長時間お話を聞くこと、学ぶ機会が多くなると姿勢が悪い子供=成績が悪いという結果も出ているのです。

集中力がないと勉強についていくことができずに、学校が嫌になってしまう子供もいます。集中力を身に付けることは子供にとってもとても大切なことですので、できるだけ早い時点で姿勢を正してあげることが大切です。

筋肉への負担

正しい姿勢でも筋肉は使いますが、悪い姿勢の時でも筋肉は使っています。例えば背中が丸まっていること、左右のバランスが悪いと筋肉に掛かる負担は想像以上のものになります。

筋肉に負担がかかっていると肩の周辺にだるさや疲れが出てしまい、痛みや身体のだるさ・肩こりから来る頭痛など体調不良の原因を作り出してしまうこともあります。

子供の頃はこういった不調に対して自分でケアをすることもできないので、その結果毎日の生活が楽しく感じられないなどの生活に支障が出てしまうこともあるのです。また子供の身長にも大きな影響を与えてしまう可能性もあります。

側弯症などの病気

側弯症とは頚椎から尾骨にかけての背骨が横に曲がっている状態のことをいいます。ひどくなるとねじれが出てしまい背中の片方だけが盛り上がったり、左右で肩や腰のくびれの位置に違いが出てしまうこともあります。

特に女の子に発症することが多く、先天性のものもあれば毎日の生活習慣で側弯症になってしまうこともあります。学校の健康診断などえで側弯症と診断されると適切な治療が必要になります。

子供の姿勢を負担なく正す矯正方法とは?

子供の姿勢を早いうちから正しくしてあげたいですよね。でも姿勢が気になる度に怒るのはあまり現実的な話ではありません。お互いにストレスになってしまいます。そんなあなたにおすすめする無理なく姿勢を正せる方法についてご紹介します。

バランスチェアー

近頃は畳の生活よりも椅子の生活をしているご家庭が増えましたね。食事をする時もダイニングにて椅子を使い食べるのが一般的になっています。椅子の生活になった分猫背の子供も増えています。

バランスチェアーとは主に背もたれのない椅子のことをいい、座るだけで背筋が伸びるので無理なく姿勢を矯正することができるのです。明らかに矯正用といったデザインのものではなく、おしゃれなものもたくさんありますのでダイニングに置いていても浮いてしまうことはありません。

勉強机などの椅子にバランスチェアーがついているものも増え、意識しなくとも正しい姿勢を身につけることができるのでおすすめです。

筋トレ

筋トレといっても子供に負担になるような過度なものではありません。一緒に遊びながら筋力を鍛えるようにしましょう。腹筋や背筋を鍛えることで無理なく正しい姿勢を保つことに繋がります。腰痛対策にもなるので長時間室内にいる子供にこそ試して欲しい矯正方法です。

長続きするように少ない回数を毎日続けて習慣づけるようにしましょう。筋トレは姿勢だけではなく子供の成長にとってさまざまな面で効果を発揮します。また親と一緒にやることでコミュニケーションの形成にも繋がり、とてもおすすめです。

子供に負担のない姿勢の矯正法:まとめ

子供の姿勢が悪いと成長に大きな影響を与えてしまいます。子供の頃の習慣が大人になっても続いてしまい姿勢が悪いだけでデメリットになってしまうこともありますので、気付いた段階で早めに直してあげるようにしましょう。姿勢とは習慣でもあるので、早いうちに正してあげることがとても大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする