離乳食の必要性:生後8か月になっても離乳食を食べてくれない場合の対処法

赤ちゃんが生後5ヶ月~6ヶ月になると徐々に離乳食をはじめるお母さんも多いのではないでしょうか。今までは母乳で育てていた場合でも、断乳して離乳食を食べさせる練習をはじめます。最初はなかなか食べてくれず苦労するかもしれませんが、少しずつ食べてくれる姿を見ると赤ちゃんの成長を感じ嬉しいものです。

でも赤ちゃんの中には生後8ヶ月を過ぎても離乳食を食べてくれない場合もあります。まわりの子はみんな食べているのになんでうちの子だけ…なんて比較して落ち込んでしまうお母さんもいるでしょう。生後8ヶ月を過ぎても食べない赤ちゃんには無理してでも離乳食を食べさせるべきなのでしょうか。


離乳食の必要性とは?

そもそも離乳食は何故食べさせるのでしょうか。赤ちゃんが自分でおすわりができるようになると今までより行動が活発になり、エネルギーがたくさん必要になります。そうなるとミルクだけでは栄養が足りませんし赤ちゃんの成長の為にも離乳食をはじめます。

離乳食は早すぎてもアレルギーの原因となりますので、やはり生後5ヶ月や生後6ヶ月ぐらいからスタートする場合が多いようです。離乳食とは今までミルクしか飲めなかった赤ちゃんが大人と同じ食事をする為の「第一歩」でもあります。離乳食の必要性については以下のようなポイントがあります。

・唾液の分泌が増え胃腸の発達を促してくれる
・飲むことしか知らなかった赤ちゃんに「食べる」ことを教える
・食べ物を美味しく自分から進んで食べる意欲をつける
・赤ちゃんが大人の食事に対応できるように徐々になれさせる
・ミルク以外の栄養を取り入れ成長をサポートしてあげるため

など、離乳食は赤ちゃんの成長にとってとても欠かせないものであるのがわかりますね。

離乳食には初期・中期・後期があるの?

離乳食には赤ちゃんの月齢にあわせて初期・中期・後期の3パターンがあります。一般的には生後5ヶ月~6ヶ月を「初期」として、生後7ヶ月~8ヶ月を「中期」、生後9ヶ月以降を「後期」としています。

この時期からスタートして赤ちゃんの成長具合によっても異なりますが、生後1歳半年を迎える頃には離乳食を卒業する赤ちゃんが多いといいます。それまでの間にも段階をふんで赤ちゃんの成長に無理なく離乳食を進めていけるように工夫しなくてはいけません。

ちなみに離乳食が終わると今度は幼児食を食べるようになります。幼児食が終わると大人と同じ食事ができるようになるのです。離乳食の初期の頃はあくまでも赤ちゃんにミルク以外の食べ物があるのを教える為の期間になります。

今まではミルクしか飲んでいなかったので、これがはじめての食事になり、最初はイヤイヤをしてなかなか食べてくれない時期が続くので苦戦する時期でもあります。

離乳食が中期になると少しずつ味を理解するようになります。目安としては離乳食をスタートして約2ヶ月程度経過した時期に中期に切り替えます。濃い味のものは消化に負担がかかってしまうので、最初は薄味のものがいいでしょう。

赤ちゃんにとってもミルク以外の食べ物に興味を持ち始める時期になります。この頃から赤ちゃんの離乳食は進みます。離乳食が後期になると赤ちゃん自身で食べ物を手づかみして食べるようになります。口を動かして食べるようになることや、赤ちゃん用のおやつなどにも興味を示すようになります。

自分で食べるようになったらもちろんその意志を尊重してあげましょう。最初は口のまわりが汚くなることや落としてしまうこともありますが、赤ちゃんが自ら食べたいという意志をもって行動しているので、温かく見守ってあげることが大切です。

生後8ヶ月になっても離乳食を食べてくれない場合は?

生後8ヶ月になっても離乳食を食べてくれないと悩むお母さんは実はとても多いものです。離乳食を見せれば断固拒否してしまいおやつしか食べてくれない赤ちゃんもいますし、口にいれても出してしまい全く食べない赤ちゃんもいます。

そんな赤ちゃんの姿を見るたびにお母さんはどうにかして食べさせないとと思い焦ってしまいがちに。ですが生後8ヶ月を過ぎて離乳食を食べなくても焦る必要はありません。赤ちゃんによっても個性もありますし成長の過程も違います。早く食べ始める赤ちゃんもいれば全く食べずに1歳を過ぎてから離乳食にする場合もあります。

お母さんが焦れば焦るほど赤ちゃんはその気持ちを感じ取って食べなくなってしまうこともあるのです。

・離乳食に焦りすぎて、お母さん自身の余裕がなくなっていないか見直す
・赤ちゃんにも好みがあるのでいろいろな離乳食を試してみる
・ご飯などの離乳食は味だけでなく、食感が嫌いな場合もあるので「麺」で試してみる
・味を薄味にして美味しいものであることを教えてあげる
・離乳食の時間を決めてその時間に食べない時はおやつNG。食べるまで再チャレンジ
・赤ちゃんの前でご飯を食べて食に興味をもたせる
・離乳食を食べない時に母乳をあげてしまう

など、離乳食を食べるように工夫してみることも大切です。

特に1歳を過ぎてから復職する予定のあるお母さんは、赤ちゃんが離乳食を食べてくれないととてもじゃないけど大変です。できるならそれまでに離乳食を進んで食べてくれると嬉しいですよね。とはいえ赤ちゃんは成長するにしたがって自分から離乳食を食べてくれる場合もあります。

つかまり立ちで歩くようになり歯が生えてくる時期になると多くの赤ちゃんは自分から離乳食なり食事をするようになります。

まとめ

赤ちゃんが生後8ヶ月になっても離乳食を食べてくれない、断固拒否するといったお悩みは多くのお母さんに共通しています。今までミルクしか飲んでこなかった赤ちゃんにいきなり食べ物を見せたところですぐに食べられるようになるわけではありません。興味を持たせて食べることを教えてあげることが大切です。

成長してくればどんなに離乳食を食べてくれなかった赤ちゃんでも食べるものであることをお母さんも覚えておき、無理に食べさせることや焦る必要はありません。離乳食は赤ちゃんのペースで徐々に進めていってあげましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする