夫婦関係が悪い時に仲を改善するための休日の過ごし方

長年夫婦生活をしていると、知らない間に夫婦仲が冷えてきた、なんとなくお互い無関心になってきたというのはよく聞く話です。

夫婦の仲が冷めてきた、ささいなことから喧嘩をしてしまったときなどの休日はどうしていますか? お互い勝手に好きなことをする、気まずいので朝から出かけてしまうなんて人もいるかと思います。

でも、それでは夫婦の仲を元に戻すことは難しくなってしまいます。今回は、夫婦関係が微妙に悪いときに夫婦仲を改善するために休日をどのように過ごすといいのかを解説します。


静かに一緒に過ごす

何か話すことで関係が悪化しそうだ、という場合は特に会話をすることはありません。2人で違う行動をするのではなく、2人で同じ空間にいるだけでもいいでしょう。

お互い今の夫婦関係を悪化させたくない、改善させたいと思っているのなら、その空間から逃げることはしないのではないでしょうか。ご主人はゴロゴロとしながらテレビを見たりゲームをしたりしても構いませんし、奥様は台所で食事を作ったり、一緒にテレビを見たりしてもいいでしょう。

一緒にテレビを見れば、何か話題が生まれるかもしれませんし、そこから会話が生まれて夫婦仲が改善されるかもしれません。会話が最初のうちはなくても、同じ空間にいることで夫婦仲が改善されることはあるのです。少しぐらい気まずいのは我慢して同じ空間で過ごしてみてください。

一緒に食事をする

家でもいいですし、外に出かけてもいいので一緒に食事をしましょう。すれ違いが多く、一緒に食卓を囲む時間が少ないという人も、毎日同じ食卓を囲んでいるという人も、いつも食べないような食事を一緒に取るとまた空気が変わります。

食材について話してみたり、料理について話してみたりするのもいいでしょう。話の糸口を見つけやすいのは食事という人もいるほど話題に尽きないものです。

好き嫌いを改めて知ることもあるでしょうし、新しいレシピの開発に至るかもしれません。新しいお店を発見して、また今度2人で来ようということになることもあるでしょう。

そのように話がどんどん弾んでいけば、夫婦関係が改善されることはあってもさらに悪くなるということはありません。お店に食べに行く場合はインターネットで評価の高いお店を探すのもいいですし、会社や近所の方から聞くのもお勧めです。話題探しに出かけてみるといいでしょう。

思い出の地に行ってみる

思い出の地に行くということは、あまりに夫婦関係が冷え切っていると逆効果の場合もありますが、お互いに関係を修復したいと考えている場合は改善に向かう可能性が高いです。結婚する前に2人でよくデートしたところまで車で行ってみる、映画を見に行く、食事をする、何でもいいでしょう。

2人の思い出に残っている場所をめぐって思い出話に花を咲かせてみてください。思い出話をするうちに、付き合っている頃の相手への愛情や、結婚したばかりの頃の愛情を思い出すかもしれません。

昔はこの人に対してこのような感情を抱いていた、今の自分はどうなのかと見つめ直すきっかけにもなります。お互いにお互いがいることに慣れすぎて、いることが当たり前になっていると夫婦関係の倦怠期に入ってしまったり、冷えてしまうことがあります。

そばにパートナーがいるのに何も感じないということもあるのです。その気持ちを払しょくし、かつて相手に持っていた愛情を再確認するためにも、思い出の地巡りをしてみてください。

まとめ

夫婦関係の改善を図るためには、パートナーに対して抱いていた愛情を思い出すことがポイントです。休日はお互い1日中空いているということですから、1日を目一杯使って愛情の再確認をしてみましょう。

そのためにも、デートで行った場所や結婚式を挙げた場所などに行って思い出話をするのはお勧めです。またお互いに隣に、そばにいることでどのような感情を自分が抱いているか改めて知ることもできるでしょう。

なんとなく気まずくて会話ができない、切り出せないという場合でも、一緒の空間にいることでお互いの存在を認識し合うことができます。

すると相手の今していることが見えてきますし、何に興味を持っているのかもわかってきます。そこから会話の糸口を見つけることもできますし、一緒に同じことをすればお互いの再認識をすることにもなるでしょう。

そうすれば夫婦関係の改善のための方法も見えてきますし、悪化するということはないのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする