【夫婦円満の秘訣】大切な結婚記念日はどのように過ごすべき?

夫婦の記念日はどのように過ごしていますか? もう長年連れ添っているから今更記念日なんて…と思う方もいるかもしれません。

でも、年に1回の大切な記念日です。普段は忙しくてお互いのことをしっかりとサポートできなくとも結婚記念日さえしっかり抑えるだけでも夫婦円満に過ごすことが可能なんです。

夫婦の記念日としては、お互いの誕生日、結婚記念日、子どもの誕生日などが抑えておくところですが、今回は結婚記念日をどのように過ごすと夫婦が円満になれるのかを解説します。


旅行へ出かける

日帰り旅行でもいいので2人きりで旅行に出かけるという人は多いようです。思い出の地を巡る旅行でもいいですし、2人で行きたい場所を話し合って出かけるのもいいでしょう。

旅行先での思い出が素敵であればあるほど、お互いの愛情も深まっていきます。穏やかで楽しい時間を過ごすことが旅行の目的ですから、今まで夫婦関係がなあなあになっていたという場合は、改めてお互いの大切さを認識することができるでしょう。

結婚記念日はお互いを認め合い、お互いの愛情を確かめ合う日であり、感謝する日でもあります。旅行といういつもと違う日常を送ることで、気が付くことができなかった自身が持つ愛情を見つけ出すこともできるかもしれません。

夫婦仲が最近悪いという方でも、一緒に出掛けて一緒の時間を過ごせば、明日からまた違う日常になっているのではないでしょうか。

レストランで食事をとる

せっかくの記念日に腕を振るってごちそうを作るのもいいですが、ホテルのレストランなどのいつもとは少し違う場所に出かけていつもは食べないような食事をするのもお勧めです。

結婚記念日は2人が一緒になることを決意したスタートの日ですから、特別な食事を取るという夫婦はたくさんいます。

特に結婚記念日と仕事が重なって休みが取れそうにない、という場合は別の日にすこしおしゃれをして待ち合わせをしてレストランへ出かける夫婦も多く見られます。

毎日忙しく過ぎ去っていく日々だからこそ、日常と離れた空間を持つことができるのは、お互いを改めて認識し合う日にすることができます。

その方法は様々ですが、自宅ではなくレストランなど普段とは違う場所で食事を取るということも一つの方法なのです。食事の場所は前から2人で行きたいと話していたところでもいいですし、口コミなどで評価の高いお店でもいいでしょう。

2人で決めて2人で予約を取ってみてください。どちらかが動くのではなく共同で作業をすることで夫婦の仲が一層近くになります。

ちょっとしたプレゼントを渡す

結婚記念日だからといって高価で大げさなプレゼントを渡す必要はありません。相手の趣向や考え方にもよりますが、ちょっとしたプレゼントでも「覚えていてくれた」と思えばうれしいものです。

それが、普段はプレゼントをしない、記念日なんて覚えていなそうな人がするだけでサプライズ効果によって嬉しさは倍増します。

プレゼントの内容は凝らなくとも大丈夫です。男性なら会社の帰りに花を買う、女性なら旦那さんの好物の食べ物を食卓に追加する程度でもいいでしょう。

オッと思われる!旦那さんに送ると喜ばれるプレゼント4選
「最近夫婦仲が冷えている」「ただの同居人になっている..」そんな風に感じる夫婦は多いようです。夫婦がいつまでも仲良く過ごすためには、...

いつも通り過ごす

結婚記念日だからと言って特別なことをする必要はない、という夫婦もいます。いつも通り過ごし、いつも通り起きていつも通り仕事に行って、いつも通り家事をして、食事も特別なものではなく、普段通りでいいのです。

ただ結婚記念日であるということは頭においておくと、パートナーのことを改めて考えることができます。

目が合ったときや会話をするときに、自分にとってパートナーとはどのような存在か考えたり、パートナーが自分のことをどう考えているか知ることができるでしょう。

もちろん記念日だから、ということでケーキなどのデザートを用意しても構いません。小さいお子さんがいる家庭ではなかなか2人で出かけることができないという場合でもおすすめです。

特別なことはしなくてもいいから、愛情を再確認したいという方は実践してみてはいかがでしょうか。

大切な結婚記念日の過ごし方:まとめ

結婚記念日が何年目を迎えるかによって、呼び方は違い、その時によって贈るといいとされるものもあります。例えば結婚1年目は紙婚式ですから、紙製品を贈る、結婚3年目は革婚式ですから、ベルトやバッグなどを贈るというようにです。

それぞれの記念日の呼び方にはもちろん意味があります。2年目は藁婚式といい、贅沢を戒め、質素倹約をするという意味が、5年目の木婚式は夫婦が1本の木のようになるという意味があります。

徐々に夫婦のきずなが深まり、10年目は錫のように美しく柔らかく、15年目は水晶婚式で透明で曇りのない信頼関係と言った意味があります。

夫婦の関係は年を重ねることでどんどん信頼感が高まっていく、ということでしょう。銀婚式や金婚式が大きく取り上げられる日本の結婚記念日ですが、どのように過ごすかは、こうした意味から考えてみてもいいのではないでしょうか。

特別な日だからこそ、大切に過ごして、夫婦の愛情を再確認したいところです。ぜひ2人で結婚記念日の過ごし方を考えてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする