夫婦円満に繋がるインテリアとは?風水の力も取り入れよう

インテリアにこだわる女性は多いですが、家の中の雰囲気は夫婦関係にも関係があります。この機会に夫婦円満を考えたインテリアも取り入れてみませんか。

本当にインテリアで夫婦関係が改善できるの?と懐疑的になっても無理はありません。しかし部屋の雰囲気が変わって会話のキッカケができる、雰囲気自体がよくなることで実際にインテリアで夫婦関係が改善したという人も多いのです。

今回は風水の観点もふまえた夫婦円満を目指すインテリアについて解説します。


天然素材の玄関マット

玄関をきれいにすると幸運を呼び込むことができると風水では言いますが、「玄関マットは敷くべき」と言われています。夫婦円満につなげるためには悪い気を中に入れないことも大切ですから、玄関マットは天然素材を使用したものがおすすめです。

例えばコットンやウールは手に入れやすいですし、夏なら麻素材の玄関マットが涼しげです。シルク製は肌触りがよく、屋外に敷くココヤシの玄関マットもインテリアとしておすすめです。

色は明るめがお勧めで、赤やオレンジ、パステルカラーなどを選ぶといいでしょう。夫婦関係をよくするなら恋愛運が上がるピンクがお勧めですが、あまりきつい色にすると玄関の雰囲気を壊しかねませんので、家に合った色を選ぶといいでしょう。

寝室のインテリアも大切に

寝るときは運気を溜めることが大切ですから、寝具とパジャマをチェックしてみてください。ピンクや白、花柄は愛情運アップにつながりますので、寝具やカーテンに取り入れてみるといいでしょう。

ただご主人が花柄を嫌がるということも考えられますので、少し落ち着いた紺色やブラウンなどの系統でも構いません。ご主人と一緒にパジャマや寝具選びを行い、一緒に買うというのも会話が増え、共通の作業をするキッカケになり夫婦円満のポイントになります。

風水では寝室の北側の水は夫婦円満につながると言われています。冬などの乾燥しやすい季節なら加湿器を設置するのがおすすめです。また観葉植物や生け花など、水に関係する植物を飾ったり、金魚などのペット、水槽の設置もいいでしょう。

とくに観葉植物は邪気を吸い取るということから寝室に設置するのがいいと言われています。ただ寝室の広さにも限度がありますし、家具などもありますから、壁掛けの鉢植えなどで工夫してみてください。

観葉植物はサボテンを避け、また枯れた葉は切り落としたり、取り替えたりするようにするといいでしょう。

水回り風水でも夫婦円満を目指せる

水回りのインテリアを見直すとき、まず浴室をチェックしてみてください。浴室はカビが生えやすい場所ですから、換気扇を回して空気を循環し、悪い気を追い出しましょう。

汚れをためないように小まめに掃除をし、水垢やカビ、ぬめりを取ることも大切です。場所が整ったら観葉植物を置いてみてください。

シャンプーやリンス、ボディソープはガラスボトルに入れると見た目もおしゃれで運気も上がります。お風呂から上がったときのバスマットは明るいパステルカラーにすると気分も上がるでしょう。

風呂桶やイスなどのインテリアは黒を避け、明るい浴室を目指してください。

夫婦円満に繋がるインテリア:まとめ

夫婦仲が悪くなる原因の一つにお金の問題がありますが、お金は西から入って北で育つと言います。

西側と北側は常にきれいにし、貯金するよう心がけて見てはいかがでしょうか。またNG風水もありますので、同時にチェックしておきたいのですが、例えば色です。南は火の木をつかさどる方位ですから、同じ火を意味する赤は相性が良くないと言われています。

南と赤が重なることでマイナス要素が重なり、イライラして夫婦喧嘩をしてしまうということもあります。家庭の運気の安定には南西がポイントとなりますので、黄色などを配置するのがお勧めとされています。

最近は南欧風リビング、クラシカルな部屋、などテーマを持った家づくりをする方が増えていますが、夫婦仲を考えるならインテリアを風水で考えるのも一興です。

夫婦仲が最近うまくいかないという場合、風水的な観点に問題が見いだせるかもしれません。一度インテリアを見直し、相性の悪い色と方角が重なっていないか確認してみるのもいいでしょう。

また運気を呼び込むを家の中に取り入れるために、こまめな換気と掃除を心がけてみてください。夫婦円満を目指したい方は、ピンクや白を中心にバランスの取れたインテリアを考えてみませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする