出産後が最も危険?夫婦関係が子供へ与える影響について

子育てをする上で、家庭の雰囲気、夫婦の関係はとても大事です。

奥さんと旦那さんの仲が良い家庭では、子どもが安定した精神状態を保つことができます
。逆に仲が悪ければ精神的に不安定な状態になり成長にも弊害がでてくることがあるのです。

今回は、子育てにおける家庭の雰囲気や夫婦の関係がどのように影響するのか、悪影響を与えないようにするにはどうすればいいかを解説します。


夫婦仲が子供に与える影響は大きい

夫婦関係が常に同じ、ということはないかもしれませんが子供が生まれてからの夫婦関係には、より一層気を付けた方がいいでしょう。

子供は生まれたときから常に親の雰囲気を察するものです。夫婦関係がいいか悪いかで子どもの成長における精神状態や将来の心の状態も変わってしまうのです。

たとえば夫婦関係が良好であれば、子供も安心して家庭の中にいることができます。この先もずっとパパやママの傍にいたいと思いますことが普通です。

ところが夫婦関係が悪いと、家庭での居心地が悪くなるため、パパやママの傍から少しでも離れたいと思ってしまうのです。

非行や引きこもりの原因にも

さらに夫婦関係の悪さのとばっちりを子供が受けてしまうと、自分は愛されていない子供と思い込み、非行に走ったり、ひきこもりになって親との関係を断ち切りたいと思ってしまうことさえもあります。

最悪の場合には、大きくなって家庭を持つことに希望や良さが見つけられないため「結婚したくない」「子どもを持ちたくない」という思考になってしまうこともあります。そのため、子供の前で夫婦喧嘩をする、会話を全くしない冷めきった家庭という状態は例え夫婦の愛情が冷めていたとしても避けたほうがいいのです。

出産後に変わることが多い夫婦関係

子供がまだいなかった頃は、夫婦2人だけの生活でしたから、スキンシップも会話も自由にできていたという夫婦がほとんどでしょう。

しかし出産後、妻は子供にかかりきりになります。夫が育児に積極的に参加しないと一人ぼっちの思いをするということはよくあります。

パパもママに構ってほしくて子供のように甘えてきますが、ママはパパを大人と認識していますから、甘えさせようとしません。

するとパパはのけ者にされた気分になり、家庭に居場所がないと思うこともあるのです。そうなってしまうと憩いの場を家庭以外につくりたくなるので家に帰らなくなる、終電まで遊んで歩いている、帰ってくるのは子供が寝てから、ということも起こりうるでしょう。

またママと顔を合わせてもママが自分を拒否することが分かっているため、つい嫌味を言ってしまったり、些細なことで強く当たり言い合いになって夫婦喧嘩を始めてしまったりすることもあります。

そういう状態になると、家庭の雰囲気そのものが赤ちゃんに悪影響を与えてしまうのです。

子供に悪影響を与えないために

子供はたとえ生まれたばかりの赤ちゃんで、なにもわからなくとも夫婦関係をしっかり理解しています。

というより、赤ちゃんは言葉にできない分いろいろなことに敏感ですから、夫婦関係が悪ければすぐにわかってしまうのです。

パパとママが仲良くしていない、と感じ取ると、赤ちゃんであっても頻繁に泣く、子供ならわざと悪いことをすることもあるでしょう。

このような影響を子供に与えないためには夫婦関係を良好に保つことが大切です。

夫婦関係を良くするためにできること

出産後に夫婦関係を悪くしないためには夫も育児に参加し、赤ちゃんを両親そろって一緒に育てることが重要です。

昔と違って今は両親のサポートが受けられないケースも多く、ママが一人で子どもの面倒を見るというのは、ハッキリ言って無理があります。

最近はイクメンという言葉がありますが、育児に参加するパパは赤ちゃん、ママとの関係も良好なことが多いようです。

特に、ママは赤ちゃんに付きっ切りになると心が疲れてしまうので少しの間でも旦那さんに赤ちゃんをみてもらってリフレッシュする機会を与える必要があります。

パパとママの気持ちが安定していれば、赤ちゃんも安心しますし、ここに自分がいてもいいと思えるようになるのです。

まとめ

子どもは大人以上に敏感で、特にパパとママの感情や関係には敏感に反応します。

自分がいるからパパとママの関係が悪いのではないか、どうすればパパとママはいい関係になってくれるのか考えることもあります。

しかし夫婦関係が悪い状態がいつまでも続くと、子供はパパかママどちらかに依存するようになったり、一人で過ごすようになったりします。

友達との関係も良いとは言えず、友達を押したり叩いてしまう、怪我をさせてしまう、といったこともあるのです。もし子供の様子が不安定なようなら、夫婦関係が悪くないか一度見直してみてください。

もちろん夫婦関係だけが子供に悪影響を与えるわけではありませんので、子供が不安定だから夫婦関係が悪いのでは、と不安になることはありません。

夫婦関係がいいけれど子供が不安定なら、別の原因をパパと一緒に探りましょう。そしてパパと情報を共有することで、子供もパパとママが見てくれていると安心して過ごすことができるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする