本で成績アップ!小学生がすすんで本を読むためのカンタンな方法

子供の成績を上げるために本を読ませたいと考える親御さんが多くなっています。文字が読めるようになる小学生の低学年・中学年・高学年になると子供の好みがあるので本が好きな子供と、逆に本が苦手な子供のいずれかにわかれどんどん差が開いていきます。

本を読むことは子供の成長にもかかせないものです。子供が本を好きになり、自分からすすんで読んでもらうようにするためにはどんな工夫や教え方をするのがいいのでしょうか。

また子供が本を読んでくれない、マンガばっかり読むなど思うようにいかない時はどうしたらいいのか悩みますよね。

今回は、小学生が本好きになると得られるメリット、本好きになるための方法について解説します。


子供が本を読んでえられることは?

あなたは小学生低学年の時自分から本を読む子供でしたか?子供と同じ時期で自分と置き換えてみると同じように本が苦手だったかもしれません。

小学生低学年で自分からすすんで本を読む子供はほんのひとにぎりにすぎません。そのため親御さんができるのは子供に本の興味をもたせることです。

子供が本を読むことによってえられるものはたくさんあります。もちろん同じ本を読んでも個人差があり、本を読んでいるからといって本を読むことで学んだ内容のすべてが子供に身につくわけではありません。また読む本によっても変わります。

・本を読むことで集中力があがり学力の向上につながる
・本を読むことで想像力が豊かになり広い世界に興味を示すようになる
・本を読むことで語彙力がふえ表現力が豊かになり大人になってからも役立つ
・本を読むことで文章能力が高くなり国語の成績があがる
・本を読むことで人の気持を理解できる子供になる

などさまざまです。

本は子供の世界観を広げてくれるもの

本は子供にとって知らない世界を広げてくれる扉でもあります。「こんな世界があるのか」と好奇心をわくわくさせながら読んでくれたら嬉しいものですよね。

本が好きになる子供はこういった本の魅力を感じ、自ら本の知識を取り入れるようになるので物事を思慮深く判断することができます。
本の中の世界に憧れ将来の夢が見つかる子供もいるかもしれません。

多くの親御さんが「うちの子供も本をすすんで読めるようになって欲しい」と考えているはずです。特に男の子の場合外で遊ぶことに興味がいってしまいがちで本に興味をもたせるのはなかなか難しいかもしれません。

誰だって自分の子供は勉強ができるようになり、いい大学に進学し幸せになって欲しいと願っているものです。そのためには子供が本を読んでくれるように親御さんが工夫することが大切です。子供が本を読むためにはどんな工夫をするのがいいのでしょうか。

子供に本を好きになってもらうためにはどうしたらいいの?

子供が自分から本に興味を持ちはじめ、すすんで読むためには“本がある生活を作る”ことも大切です。小学生の子供は大抵なんでも興味をもちます。でもその興味が続かずに楽しいこともたくさんあるので飽きてしまい、本を読み続けることができなくなります。

ようは子供が本を “おもしろい” “もっと読みたい” と思わせる、興味をもたせることが大切なのです。そのために親御さんができるちょっとした工夫を紹介します。

(1)子供にとって本が身近な存在になること


子供が本に興味を示すためには本が身近な存在であることを覚えさせましょう。子供がよく勉強しているリビングスペースや子供部屋の一角に本棚を置いてあげましょう。勉強机に本のスペースがあるならそこでもかまいません。

子供が好きそうな童話の名作や、絵がかわいいものなど、興味がありそうな本をおいてあげれば自然と本に興味を示す子供もいます。本を読んでいる姿を見かけたら声をかけてあげて「どんな本なの?」などと子供と一緒に本の内容についてお話をするのも楽しいはずです。

(2)子供に好きな本を選ばせてあげること

子供と一緒に本を選ぶのもいいでしょう。子供が自分の好みで選んだもので好きな傾向もわかりますよね。

子供が読みたい本と大人が読ませたい本はどうしても違うものです。
大人が子供に読ませたい本は子供にとっては退屈な場合が多いのです。

もし子供がもってきた本が理想としていたものと違っても子供が選んできた本を受け入れてあげてくださいね。最初は子供が好きな本からはじめて、徐々に親御さんが読ませたい本も取り入れるようにしていきましょう。

(3)子供がマンガを選ぶ時は受け入れよう

本を渡してもどうしても苦手な子供もいます。そんな場合は無理に本を読ませるのではなく最初はマンガからスタートしてもいいでしょう。

「それじゃあ意味がないのでは!?」

と親御さんは思うかもしれませんが、マンガでも最初は子供に興味をもたせることが重要なので自分から読んでくれたら一歩前進だと考えるようにしましょうね。

マンガだって十分知識を身につけることにつながりますし、文章を読むことには違いがありません。またマンガでも人気の漫画キャラクターを使い歴史や宇宙、地理などの知識を学べるものもあります。こういったマンガはとても勉強になりますのでおすすめです。

(4)小学校低学年は一緒に読んであげるのもおすすめ

子供が小学生低学年のうちは、まだまだ文字を覚えたてで1人で読むのは難しいかもしれません。読むのが難しいと感じるうちに嫌になってしまう子供もいるでしょう。

小学生低学年のうちは絵本でいいので親御さんが一緒になり本を読んであげたり、子供と交互に読むなどして絵本を読む時間がスキンシップの時間でもあり、楽しくて仕方がないように興味をもたせてあげましょう。

一緒に絵本を読んでいるうちに、子供が「これ一緒に読んで」とお願いしてくるはずです。

本を読む習慣はできるだけ小学生低学年のうちから覚えさせないと中学年・高学年と大人になるにつれて本の習慣がない子供に身につけさせるのはなかなか難しいものです。

子どもがすすんで本を読むようになるには:まとめ


子供が本を好きになり自分から読めるようになるには親御さんの工夫が大切です。一度本に興味を示し、読む習慣がついてしまえば子供は着実に成長します。

本を読んでえられることも多い分、本の素晴らしさを教えてあげましょう。最初は本に興味を示さなかったとしても絶対に怒らないようにしてくださいね。子供にとって本はおもしろいものであることが大前提です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする