外出はベビーカーと抱っこ紐どっち?場面で使い分けると便利

赤ちゃんのお出かけに欠かせないものといえば「抱っこ紐」と「ベビーカー」ですよね。ママ一人で赤ちゃんとお出かけする時など、パパがいる・いないによってもどちらを使うのかは変わってきますし、赤ちゃんの月齢によっても使い分けが必要です。

抱っこ紐とベビーカーを使い分ける場合、どんな場面ごとに変えればお出かけしやすくなるのでしょうか。


赤ちゃんの月齢ごとにベビーカーと抱っこ紐を使い分ける

ママの使い分けで一番多いのは赤ちゃんの月齢によるものではないでしょうか。
月齢ごとのベビーカーと抱っこ紐の使い分けをみていきましょう。

新生児

新生児(生後0日~1ヶ月)の場合は、外気に耐えられるように赤ちゃんの身体ができておらず無理な外出で風邪を引いてしまうことや体調を崩してしまう可能性もありますので、ほとんどお出かけしないママが多いでしょう。産後でママの体調も整わずほとんどを家で過ごすことになります。

生後1ヶ月

主にお出かけをし始めるのが生後1ヶ月の検診が終わった頃でしょう。お宮参りなどでどうしても出かけないといけないタイミングも出てきます。とはいえ必要な用事に応じて短時間の外出になることが多いので、新生児から使える抱っこ紐でお出かけするママが多いのではないでしょうか。基本的にはこの時期も長時間のお出かけはせず、赤ちゃんはお家で過ごすことになります。

生後3ヶ月

赤ちゃんの成長にもよりますが首が座ってくるのがこの生後3ヶ月頃になります。近所に赤ちゃんを連れて行く機会も増え、ショッピングモールなどでも見かけます。生後3ヶ月ぐらいになると場面に応じてベビーカーと抱っこ紐を使い分けるようになります。季節によっても変わりますが、春先などのお出かけはママの気分転換にもなるのでいいですね。

ベビーカーと抱っこ紐それぞれのメリット&デメリット

次にベビーカーと抱っこ紐のそれぞれのメリット&デメリットについて比較しましょう。

【ベビーカー】

・お買い物の時でも、重い荷物を持たずにベビーカーに入れたりして使うことができる
・A型ベビーカー(新生児~)だと寝かせたまま赤ちゃんを移動できる
・ママと密着していない分、月齢が短い赤ちゃんは不安に感じてしまうことも。対面式のベビーカーを選ぶことで赤ちゃんの不安を軽減させることにも繋がる。
・エスカレーターやエレベーターがない場所での移動が不便。行動範囲が限られる
・ママ一人でベビーカーを折りたたむことや移動させるのが大変。特に産後すぐは大変。

【抱っこ紐】

・赤ちゃんをしっかりと支えてくれるので両手が使えること
・大好きなママと密着できるので赤ちゃんにとって安心感がある
・電車などの公共機関に乗る時も周囲の目を気にすることがない。
・赤ちゃんが大きくなると腰や肩にかかる負担が大きくなり辛い
・ずっと同じ姿勢のままなので赤ちゃんに負担がかかる、機嫌が悪くなってしまうことも

ベビーカーや抱っこ紐の両方にメリット&デメリットがあります。大抵がベビーカーで移動していても、抱っこ紐も持っていてその時によって使い分けているママがほとんどです。赤ちゃんにとって負担がかからないのはもちろんですが、ママにとってもストレスにならないものを選ぶようにしましょう。

ベビーカーと抱っこ紐場面によってどう使い分ける?

赤ちゃんとお出かけする時に、ベビーカーと抱っこ紐を使い分けるタイミングについて説明します。使い分けるタイミングはママによっても個人差があるようです。

カフェなどの外食時

赤ちゃんを連れてママ友と美味しいご飯を食べたり、パパとランチに出かける時などの外食時はお店によってベビーチェアが置いてある場合もありますが、なかには置いてないお店もあります。

自分で座って一人遊びができる月齢だったらいいのですが新生児のうちはベビーカーに寝かせて置いてあげた方が赤ちゃんにとってもママにとっても負担になりません。抱っこ紐をつけたままの外食は大変です。またお店によってベビーカーがOKかどうか確認してから入るようにしましょう。ママ向けのららぽーとなどは安心ですね。

帰省などの人が多い駅

赤ちゃんを連れて実家に帰るなど帰省の時も迷いますよね。長時間の移動の場合ベビーカーがあると赤ちゃんが寝る場所もありますし、安心できます。ただし混雑している電車の中や人混みが激しいところの場合赤ちゃんは抱っこ紐を使ってあげた方が移動も断然楽になります。

普段とは違う光景や音に驚いて泣き出してしまう赤ちゃんもいますし、ママと密着して過ごせる方が安心です。普段行かない場所の場合両方持っていると安心です。

赤ちゃんとお散歩

天気がいい日に赤ちゃんと一緒に公園をプラプラすること、お散歩したい!そんな時はベビーカーをおすすめします。長時間の抱っこ紐は赤ちゃん自身も圧迫されてしまいますし、夏などは群れてしまい負担がかかることも。

ベビーカーに乗せて赤ちゃんの顔を見ながら一緒にお散歩をするだけでも赤ちゃんにとって気分転換になるはずです。

妊娠中からチェックしておこう!

赤ちゃんが生まれると生活が一気に変わります。今までは行きたい時に行きたい場所に気軽に移動できたかもしれませんが、赤ちゃんを一人にするわけにはいきませんし抱っこ紐を付けて一緒に移動することやベビーカーに乗せてお散歩を楽しむようになります。

赤ちゃん連れでもOKな飲食店やショッピングモール、また近場の公園などはもちろんその経路や道幅などベビーカーで移動するならどうかな?など出産後の赤ちゃんとのお出かけをイメージしながら過ごしてみると、一緒にお出かけする時も安心です。

外出はベビーカーと抱っこ紐どっち:まとめ

赤ちゃんとお出かけする時は月齢や場面によってベビーカーと抱っこ紐を使い分けましょう。ベビーカーの時でも、抱っこ紐を持ち歩いているだけでいざという時は安心ですし、赤ちゃんがぐずってしまった時なども役に立ちます。

上手に使いこなせれば赤ちゃんとお出かけするのが大変ではなく、楽しみな時間になるのではないでしょうか。ママにとっても赤ちゃんにとっても負担にならない方法でお出かけを楽しむようにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする