一人っ子を甘やかすとどんな性格に?一人っ子の子育てで気をつけたいこと

近年は共働き家庭が急増したことで、子どもは一人だけと「一人っ子」を選択する家庭も増えています。一昔前なら子どもの数は多いほどいい風潮にありましたが、出産年齢の高齢化なども関係しているようです。

そんな一人っ子の場合、どうしても天塩に掛けすぎて甘やかしてしまう親御さんが多いもの。一人っ子の子育ての場合、気をつけなくてはいけないこととはどのようなものがあるのでしょうか。


一人っ子だと自立心が育たない?

一人っ子の場合、どの家庭でも親からの愛情を一身に受け成長します。その為どうしても過剰に手を出しすぎてしまうこと、欲しいものはなんでも買ってあげるなどわがままを通してしまう親御さんが多い傾向があります。

もちろん一人っ子でも兄弟がいるご家庭でも子どもがかわいいことに変わりはありません。ただ、一人っ子だと兄弟のお世話をすることや、兄弟がいないと我慢する機会がなく家庭では自分の感情や要望を素直に受け入れてくれる大人だけと接することになります。

その為「自分でどうにかしないと」という自立心が育たず、なかには「無気力」になってしまう子どももいます。無気力でもまわりがなんでもやってくれるので生活に困ることはありません。子どもの頃はそれでも可愛いものですが、大人になった時に苦労するのはその子です。

いつまでも実家で生活して親元を離れられないいう人は主に一人っ子の場合が多いといわれています。親御さんも一人っ子だとなかなか子離れできない傾向にあり、ずっと手元に置いておきたいと思ってしまうこともあるようです。

一人っ子に多い性格とは?

では一人っ子の場合、どのような性格の特徴が見られるのでしょうか。

・一人遊びが得意で自分の世界観があるマイペース
・金銭的に恵まれていることもあり「高級志向」、金銭感覚がずれている
・我を曲げないわがまま
・親だけに関わらず誰に対しても甘えん坊
・友達との接し方がわからない、喧嘩をしてしまう
・友達と分け合うなどの感覚がわからない
・お世話をする機会がないので目下の子どもの面倒を見れない
・人より目立つことが嫌い、競争心がない
・おっとりしていて穏やか

一人っ子の場合はその環境から一人で遊ぶことも多いので、マイルールがある子どもも多く自分がやりたいことを自分の好きなようにやっている子どもが多いのでは。一人遊びの天才ではありますがその分、友達など人と接するのが苦手で協調性がなく空気が読めないなど子ども同士のトラブルが多いのも実際にあります。

おもちゃで遊んでいて、欲しいと思えば手にとってしまいますし、友達が貸して欲しいといっても自分が使っていたら譲るなんてこともできません。そもそもそういったルールを知らないので、一人っ子でも親が教えてあげることが大切なのです。

一人っ子を育てる時に気をつけたいポイントとは?

もちろん一人っ子には兄弟がいないのことでいい点もあります。まず、充分に教育に時間やお金をかけてあげることができますし、兄弟での争いや嫉妬がないため穏やかでのんびりとした性格の子どもが多いとされています。

また、子どもが一人だけなので将来的に親の世話をしてあげるのは自分という気持ちが強いこと、家族を大切にする傾向があります。大人になっても誕生日のお祝いをするなど、親の愛情を一身に受けてきたからこそ、その恩返しをしてあげたいと思う子どもも多いようです。

では一人っ子を育てる時にどんなポイントに気をつけたらいいのでしょうか。

手を掛けすぎない

一人っ子の家庭になると子どもに目が行き届いてしまい、やることなすことすべてに口出しをしてしまいがちです。そうなると子どもの「自己肯定感」が育たず、自分に自信が持てない子どもになってしまいます。決して口出しすることが愛情とは限りません。もし失敗したとしてもそれが命に関わるような内容でなければ、そういった経験が子どもの成長にも繋がりますし、子どもを育てる上で見守る姿勢はとても重要です。

お世話をさせる

一人っ子の場合、幼い頃から子どもよりも大人と接する機会が多く大人になってから目上の人に好かれる子どもが多いようです。でもお世話をする機会がない分「責任感が育ちにくい」傾向にあります。

その為小動物でもいいのでお家で動物を飼うようにすると、命があるものを大切にし、責任を持って育てる感情が生まれます。どんなに口うるさくいうよりも実際にお世話をすることで子どもはちゃんと覚えていきますので、お世話ができたら褒めてあげることも大切です。

もちろん動物以外でも同じです。植物などでもいいでしょう。毎日の水やりを子どもに任せ成長を見守るようにしてあげましょう。

友達が作れる環境作り

一人っ子の場合、どうしても一人遊びが多くなりがちです。子どもは友達と遊ぶことで協調性を身につけ、いいこと・悪いことを学んでいきます。コミュニケーションというのは実際に人と接する機会がないと成長しないのです。

その為、幼いときから同世代の子どもと接する機会を増やしてあげましょう。子どものサークルに参加したり、集まりには積極的に参加するなど子どもが自然と友達を作れる環境さえあれば、後は自分で成長していきます。

親が一人っ子であることを恥じない

一人っ子の親御さんで多いのが、まわりの兄弟がいる家庭をみて我が子に対して申し訳ないという気持ちが生まれてしまうことです。一人っ子だから寂しい思いをさせているという気持ちがあるとどうしても周りと比較して残念な気持ちになってしまう人が多いようです。

しかし、現代は一人っ子の家庭が増えています。周りとしても昔ほど一人っ子に対して偏見もありません。兄弟がいる子どもと同じように親御さんがその変わりになって接してあげることがなによりも大切なのです。

一人っ子でも気にする必要もありませんし、きちんと愛情をもって育てれば必ずしも「一人っ子=わがまま」なんてこともありません。ようは親の心持ち次第だと思いませんか。

まとめ

一人っ子の場合、どうしても子どものうちは兄弟・姉妹がいる家庭と比較してしまいがちです。ですが一人っ子の子どもも自分のペースで成長していること、親の感情をしっかりと受け止めています。

育てる上で「協調性」「社会性」など大切なことはしっかりと教えてあげて子どもの成長を促してあげましょう。毎日いろいろなことに挑戦しながら成長していく我が子を見守る姿勢が大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする