赤ちゃんの服は身長ではなく体重で選ぶ!上手な子供服の選び方とは


赤ちゃんや小学生に上がる前の幼児の服選びって大変ですよね。おさがりがもらえれば節約にもなりますが、すぐに大きくなってしまうのであまり高価な服ももったいなく感じてしまいます。

子ども服の選び方を間違えてしまうと、ぴったり過ぎてすぐに着れなくなってしまったり、下の子に着せようと思っていてもうまくサイズが合わないなんてこともあります。今回は3人の子どもを育てた私が、赤ちゃんや幼児の服を無駄にしない上手な選び方について紹介します。


子供服は身長に合わせると失敗する

まず赤ちゃんの服を選ぶ基準ですが、新生児用の服は50~70cmなどがほとんどです。それ以降になると身長と体重を目安に選ぶことができるよう表記されているかと思います。

以下はサイズ表示と目安の月齢における身長と体重の表です。

サイズ表示 50 60 70 80 90
身長 50cm 60cm 70cm 80cm 90cm
体重 3kg 6kg 9kg 11kg 13kg
月齢の目安 0カ月 3カ月 6カ月 12カ月 2歳

身長に合わせたらサイズが合わなかった!

私の子どもの場合ですが、1人目の時は身長も体重も、健診のたびに覚えていましたし、ベビー服の表記とずれることがありませんでした。

そのためスムーズにベビー服を選ぶことができたのですが、成長するにつれて身長に合わせてベビー服を選ぶとサイズが合わないということがありました。

1人目は細身の子でしたが、2人目はぷっくらとした丸い子でしたので、身長を基準に服を合わせると大きさがまるで合わないのです。

同じサイズで同じ月齢、同じ身長でも体重が1kg違うと1人目にはサイズが大きくても2人目にはサイズが小さいと言うことがたびたび起こりました。

どうしてだろうと思ったのですが、考えて見れば洋服は容積が決まっています。ですから少しぽっちゃりとした子に身長が合う服を選んでも、胴回りなどがきつくてはいらないということがわかったのです。

90cmから100cmは子どもによって異なった

最初の子と2番目の子は両方とも男の子だったので1歳近くなるとどちらも90cmを着るようになりました。

それから100cmに移行するまでが結構な時間を要したのですが、100cmになったのは子どもによってバラバラでした。

長男はガリガリというほどではありませんが線の細い子でしたから、3歳近くまで90cmを着ることができました。幼稚園に入っても子供服のメーカーによっては90cmを着ることができたぐらいです。

次男は丸い子でしたから、2歳を過ぎたころには90cmが小さくなりました。95cmを着せていましたが、100cmに完全に移行したのは2歳半の頃です。

三男は小柄な子でしたから1歳を過ぎても90cmが多少大きめで、幼稚園に入ったときには100cmを着せましたが大きいぐらいでした。

そのため年長になっても100cmを着ることができ、110cmにそろそろ移ろうかと言うぐらいになっています。ちなみに3人とも身長と体重はその年齢の標準の範囲内ですから、特別痩せているとか太っていると言うことはありません。

3人とも90cmが一番長く着たサイズでしたが、子供によって体格が違えば着方も変わると思ったサイズでした。

また100cmからは肩の部分のボタンがなくなりますので、あまり早く移行したくないと言う思いもありました。

服を揃えるなら90cmサイズを多くするといい

赤ちゃんは急激に成長するので、たくさんベビー服を持っていてもスグに着れなくなってしまいます。しかし、90cmのサイズは成長が緩やかになる時期なのでしばらく着続けることができます。

そのため、服を多めに買うなら90cm前後の物を揃えると長く着れたりおさがりとしても重宝されるでしょう。

子ども服は体重に合わせることでぴったりサイズに

最初のころは気が付かなかったのですが、身長で服を選ぶと体格によっては大きかったり小さかったりしたので、体重を参考にしたらぴったりと着れるようになりました。

先ほど、月齢や体重でのサイズの目安を掲載しましたが、あれはあくまで平均であって、必ずしもすべての赤ちゃんに当てはまるわけではありません。

同様に服にかかれている身長と体重もその標準的な体のサイズに合わせて書かれているのであって、すべての赤ちゃんに合うとは限らないのです。

うちの子供たちは平均より大きく生まれてきましたから、身長で合わせてもサイズが合うわけがありません。ですから体重に合わせて服のサイズを選ぶと、袖は余っても胴回りなどはぴったりと言うことが多くなったのです。

また成長するにつれて身長と体重が平均を下回るようになり、服のサイズも小さくなっていきました。その時期はちょうど体重が増えない時期でしたから、服のサイズが変わることもなかったのです。

同じサイズでも大きめにできているメーカーを選べば、裾が小さくてお腹が出ると言うこともありませんでした。

海外製は小さい場合がある

海外ブランドやメーカーのベビー服を着せたことがある方もいるでしょう。1人目が1歳の頃、夫が会社の研修でハワイに行きました。

お土産に離乳食用の食器と、2~3歳サイズのセットアップの服を買ってきてくれました。服は暖かい素材でしたから、冬が来るこれからの時期に向けてちょうどいい感じでした。

秋でも夜に外に出る場合はいいのではないかと思いました。しかし夫は子供の服のサイズをよく知りませんから、どう見てもその服は大きすぎます。

今年は着ることができないが、来年は着せようと提案しました。しかし2歳になってもその服はまだ大きく、袖もズボンのすそも余ってしまいます。

ウェストサイズはちょうどいいのですが、長さが合わないのです。3歳になったらどうかと思い着せて見ると、やっとちょうどいいサイズになってくれました。

おさがりで2人目にも着せようと、2人目が2歳になったときに同じ服を着せてみました。するとやはりすそが長く、まだ十分に着ることはできません。

やはり3歳からがちょうどいいのかと思い次男が3歳になるのを待ちました。次男は1月末生まれですから、その服を着るにはちょうどいい季節です。

3歳になって初めて着せてみたのですが、すそがの長さがちょうどよくなってもウェストサイズが合いません。上着もズボンも多少きつそうにしており、その服を着せるのは諦めたのです。

赤ちゃんの服の選び方 まとめ

子供の服を選ぶときにサイズの確認は必ずしなければなりませんが、その他の柄や素材、ブランドなどは何を基準に選ぶかは家庭によって違うと思います。

体格には個人差がありますから、どのようなサイズがぴったりと合うのかは、実際に子どもに試着させて少しずつ確かめながら身長で選ぶか、体重で選ぶか決めるといいのではないでしょうか。

子供服が一番必要になるサイズは90cm前後です。これは、子どもの成長がある程度緩やかになる時期なので、この辺りのサイズを多めにもっていても無駄にはならないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする