赤ちゃんを寝かせるのに布団とベビーベッドはどっちがいいの?二つの違いは?

赤ちゃんの寝かしつけはとても重要です。少しでも長時間すやすや気持ちよく寝てくれる方がいいですし赤ちゃんにとってもそうですが、お母さんにとっても育児をするうえでとても重要なことですよね。

そうなると赤ちゃんの場合、布団で寝かせるのとベビーベッドに寝かせるのはどちらの方がいいのでしょうか。よくベビーベッドは使わなくなった時の処分に困るともいいますが、まわりに柵がある分安心感もあります。実際はどのぐらいの違いがあるのか、どちらを選べばいいのかあわせて比較してみましょう。


赤ちゃんのベビーベットと布団のメリット&デメリットを比較

赤ちゃんのベッドと布団どちらがいいのか悩みますよね。そんな親御さんのためにもそれぞれのメリット&デメリットを紹介しますのでどちらの方があっているのかしっかりと検討したうえでおこなうようにしてくださいね。

ベビーベッド

ではベビーベッドのメリットとデメリットを見ていきましょう。メリットは床から少し上にあることや収納の便利さ、デメリットは場所や金銭的な問題が主になります。

メリット1:衛生面で優れている

ベビーベッドのメリットとしてペットを飼っているお家の場合、ペットの毛や汚れ、埃などから赤ちゃんを守ることができます。特に犬や猫などのペットが赤ちゃんに触れてしまうのを防ぐ効果もあり、衛生面でも安心です。上に小さい子供がいる場合もベビーベッドを使う人が多いようです。実際にはおさがりなどでも対応できそうですね。

メリット2:収納をとることができる

ベビーベッドのタイプはいろいろな形があり赤ちゃんが寝ている下におむつなどの必要なベビーグッズをしまっておけるものもあります。収納に困りそうな場合、どこにしまったのかわからなくなってしまう心配もないのでおすすめです。高さも調整できるなど今の時代のベビーベッドはとても優れた機能がついているので安心して使えますね。

メリット3:オムツ替えが楽

ベッドの高さがあるものを選ぶと赤ちゃんのオムツ替えの時にもとても楽です。産後に腰痛で悩むお母さんも多いので腰をまげてオムツ替えをしなくてもいいのはとても楽ですよ。新生児のうちは1日10回以上のオムツ替えがあるので少しでも負担が少ないにこしたことはありません。赤ちゃんだけでなくお母さんにも優しいのがベビーベッドのメリットでもあります。


デメリット1:場所をとる

ベビーベッドのデメリットとしてやはり大きく場所を取ることでしょう。賃貸に住んでいて赤ちゃんのお部屋がない場合、ベビーベッドをおくと圧迫感がでてしまい部屋がせまく感じてしまいます。ベビーベッドにもサイズがありミニサイズなどもあるのでお部屋の大きさにあわせて選ぶと、大きすぎて後悔することもなくなります。

デメリット2:価格が高い

ベビーベッドは実際に使える期間は約2年程です。この時期を過ぎると赤ちゃんの大きさがあるのでベビーベッドではせまく感じてしまい使えなくなってしまいます。掴み立ちができるようになるとベッドの柱をつたい転落してしまう危険性もあります。

ベビーベッドを実際に使わなくなった場合、小さく折りたためるものもありますがその分値段が高くなることもあり、使う時期と比較するとベビーベッドの価格が高いこともデメリットの一つだといえるでしょう。

布団

メリット1:価格が安い

布団のメリットは、なんといっても値段が安いことです。赤ちゃんの布団の場合「固綿敷布団」「防水ショーツ」「キルトパッド」「シーツ」の4種類がついてセットになっているものが多く、かわいいキャラクターつきのものでも1万円前後で購入できます。ベビーベッドの場合その数倍もの料金がかかるのでお金がかかる時期には嬉しい節約にもなりますよね。

メリット2:転落がないので安心

布団の場合、赤ちゃんが転落する心配がありません。赤ちゃんがつかまり立ちできるようになると、ベビーベッドの場合転落してしまう心配があります。そのためベビーベッドは使えなくなってしまうのですが、そういった転落の心配もなく使えるのが布団のいいところでしょう。


デメリット1:衛生面が心配

ベビーベッドと違い床に直接ひくのでどうしても衛生面が心配になってしまうことがあります。ペットを飼っているお家や、埃などを常に気にしながら掃除をしなくてはいけないのでそれが負担に感じてしまい神経質になってしまう心配もあります。

ペットを飼っていて赤ちゃんに触れる心配がある場合は、布団での育児はむかないかもしれません。また上の子供が小さいと赤ちゃんにいたずらしてしまう心配もあります。ベビーベッドで適度な距離感を作っておくいた方が安心できるでしょう。

赤ちゃんのベビーベッドをレンタルするのもおすすめ

結局ベビーベッドと布団のどちらにもメリット&デメリットがあるので迷ってしまいますよね。ベビーベッドにするか布団にするかは最終的には親御さんが赤ちゃんと生活するうえでしやすい方を選ぶのをおすすめします。親御さんがどちらの寝具で生活しているのかによっても変わってきますよね。

最初に費用をかけてベビーベッドを購入する方法もできますが、そうなるとそれだけお金の負担がかかります。ベビーベッドの場合、さらに敷布団や掛け布団なども揃えなくてはいけませんし、夏には赤ちゃんが快適に過ごせるようなタオルケットなども準備して上げる必要があります。

赤ちゃんが生まれてからの方がいろいろな面でお金がかかりますし、できるだけお金はおさえておくにこしたことはありません。

ベビーベッドは欲しいけど少しでもお得に使いたいあなたにはレンタルなどの方法もありますのでぜひ検討してみてくださいね。1ヶ月2000円~3000円程度で気に入った形のベビーベッドが使えるのでお母さんたちからもとても喜ばれています。レンタルであれば決まった形だけのものですし処分の心配もありません。

布団とベビーベッドはどっちがいいの?:まとめ

ベビーベッド、布団、それぞれにメリット、デメリットがあることがわかったと思いますので、用途や希望にあわせて赤ちゃんのベビーベッドや布団の準備をするようにしてください。また今回新しくベビーベッドを購入した場合、使わなくなったら処分よりは買取に出すのもおすすめです。

赤ちゃんの準備は初産であれば用意するものもたくさんありますし迷ってしまいます。特にベビーベッドや布団のように使う期間が限られているものや、処分に困るものなどもありこれから赤ちゃんのお世話を考えるとできるだけ手間がかからないにこしたことはありません。

こういったベビーグッズは親御さんの生活スタイルによってもいる場合といらない場合がありますのでできるだけ無駄にならないように工夫しながら準備をしてくださいね。

赤ちゃんにベビーバスは必要?メリットと使用時期、驚きの活用法も紹介
赤ちゃんが誕生するとなにかとお金がかかります。グッズがいろいろ必要ですが、新生児用の洋服にベビーベッド、スタイやベビーカーなどたくさ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする