歯磨きをイヤがる子供にうまく歯磨きさせるカンタンな方法

子供の歯磨きに苦戦するお母さんは多いものです。

子供の離乳食が始まる頃には乳歯がはえ虫歯ができやすくなってしまいますので、子供がイヤがっているからといって歯磨きをしないわけにはいかないのです。

お母さんがムキになって歯磨きをさせようとすればするほど、子供は歯磨きがどんどんイヤになってしまいます。

歯磨きをイヤがってしまう子供でも、うまく自分で歯磨きをさせる方法はないのでしょうか?そもそも子供が歯磨きをイヤがる理由にはどんなものがあるのでしょうか?

誰もが苦戦する子供の歯磨きについて詳しく説明していきます。子供の歯磨きで悩んでいるお母さん必見です!

子供が歯磨きをイヤがるには理由があるの!?

子供が歯磨きをイヤがることには必ず理由があります。親の立場からすれば虫歯にならないように心配して怒っていたとしても子供は歯磨きの重要性が理解できていないので、歯磨きで怒るお母さんが怖いと思っている可能性もあります。

歯磨きは毎日のことですし子供が歯磨きをイヤがるとつい声を荒げたり怒ってしまっていませんか。なかには子供を押さえつけてしまうなど、よかれと思ってやっているお母さんの行為が子供の歯磨き嫌いを助長してしまっている可能性もあります。

「あ、私かも!?」と思い当たるお母さんは子供の歯磨きを楽しい時間にしてあげるように工夫することが大切です。さっそく今日の歯磨きから子供を怒ってしまわないように、自分に言い聞かせましょう。

また、子供にとって歯磨きをしているときにずっと口をあけていること、そもそも歯ブラシが口に入っている状態がイヤだと感じている場合もあります。

子供にとっては歯ブラシもなれない道具の一つになり「なんでこれを口にいれないといけないの?」などと思ってしまい歯磨きをイヤだと感じるようになります。

確かに大人の場合は普通の大きさでも子供の小さい口からすれば、歯ブラシは不快に感じるものかもしれません。

また子供が歯磨きを痛いと感じてしまうような届きにくい歯ブラシで磨いてしまっていませんか。子供のうちは柔らかめ・毛先が短い・適度な密度のものを使ってあげることも重要です。まだ歯が生えそろった程度の子供なら赤ちゃん用の歯ブラシで十分です。

自分が子供の立場だったら、どう感じるかな?などと立場を置き換えて考えてあげましょう。

子供が1人で歯磨きを上手にできたらほめてあげよう

子供にどんなに虫歯になるから歯磨きが必要なのだと重要性を訴えたところで、理解できるはずもありません。

でも2歳ぐらいの子供になると、なんとなくはお母さんが話している内容を理解できるようになります。お母さんは子供に虫歯がどのぐらい怖いものなのか全部を理解できていなくても子供にはお話するようにしましょう。

怒るイメージではなく子供に諭すように優しく伝えてあげてくださいね。歯磨きの時間を楽しいものだと思わせることが、子供の歯磨きを上手にすすめていく上で重要なことになります。

子供が自分で歯磨きができたら、大げさなぐらいに「よくできたね」と頭をなでてほめてあげてください。子供は自分ひとりで歯磨きをしたことでお母さんにほめてもらえることが嬉しくて、自分で歯磨きをするようになります。

ただし、忙しいからといって子供をほめるのをおざなりにしてしまうと、前はほめてもらったのに頑張ってもほめてもらえないと思ってしまい歯磨きも続かなくなってしまいます。

子供が歯磨きを習慣化するまで、もしくは歯磨きの意味を理解できるまでは子供をできるだけほめてあげるようにしてください。それが子供のモチベーションに繋がります。

子供が歯磨きを好きになるための対策とは?

子供が自分から歯磨きをするようになるためには、歯ブラシや歯磨き粉などを工夫することも重要です。ちょっとした工夫で子供にとって歯磨きが楽しみな時間に変化します。

キャラクターものの歯ブラシ

子供が好きなキャラクターものの歯ブラシに変えるだけで子供のテンションは一気にあがります。手を持つ場所に立体のキャラクター付きの歯ブラシが売っていますので、試しに交換してみてください。

使いたい歯ブラシをドラックストアなどで子供と一緒に選ぶのもいいと思います。特に歯磨きをイヤがる「イヤイヤ期」の子供には効果てきめんです。

歯磨きの時間を楽しくする歌

歯磨きを楽しくさせるためには一緒に歯磨きをすることや、お歌を歌いながら歯磨きをするなど子供にとって楽しくて仕方がないというイメージをつけるようにしましょう。

歯磨きの歌にはたくさんの種類があるので、子供が好きそうなものを選ぶようにしてくださいね。子供の歯磨きはお母さんやお父さんが交互に交代しながらいろいろ遊び、子供の歯磨きをするのもおすすめです。

歯磨きの時間が毎日楽しみになるはずです。

youtubeにも歯磨きに関する歌がいくつかアップされています。覚えて歌いながら歯磨きをすることで「歯磨きは楽しい!」と思ってもらうことも可能です。

歯磨き粉を変える

歯磨きをイヤがってしまう子供対策は歯磨き粉を変えるのもおすすめです。大人の歯磨き粉のような清涼感が強いものは子供には刺激が強すぎます。

子供用の甘い歯磨き粉をつけてあげると子供は喜びます。味の好みもあるので、子供が好きそうなものを選ぶようにしてくださいね。

子供が少しでも歯磨きを好きになれるように工夫してあげることも大切です。子供からすれば歯磨きは苦手でも仕方のないものです。最初からすすんで歯磨きをするような子供はいませんし、工夫次第で子供は自分からちゃんと歯磨きができるようになります。

まとめ

子供が歯磨きをイヤがってしまう原因や対策を、ご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?

ふと昔を振り返ってみれば自分だって歯磨きが苦手だった時期はあるはずです。

子供に歯磨きをしてもらうためにも歯磨きの大切さ、歯磨きは楽しい時間であることなどをしっかりと伝えるようにしてあげてくださいね。1人で歯磨きができたら過剰なぐらいにほめてあげましょう。

また子供が歯磨きをイヤがっているのは必ず理由があるので、その原因も改善してあげてくださいね。子供が歯磨きを好きになれるかどうかは親次第です。すぐに理解できなくても、できなくてもいいので子供のために時間をかけてゆっくりと教えてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする