実は重要!夫婦関係を維持するのに最適な夫婦の呼び合い方とは

結婚前の恋人の段階では、名前で呼び合うというカップルが多いのですが結婚、出産して子どもが産まれてからは呼び方が変わることも多いようです。

夫婦の呼び方は、結婚生活を維持するためにも意外にも重要な項目です。もしあなたが、いつまでも夫婦関係を円満にしていたいと願うならお互いどのような呼び方がいいのでしょうか。

たかが呼び方と思うかもしれませんが、そのたかが呼び方で知らないうちに夫婦関係が冷え切って取り返しのつかないことになることもあります。

夫婦の関係を良くするためにも夫婦関係を円満にする呼び方について知っておきましょう。

名前や愛称で呼び合う

結婚前から名前で呼んでいた夫婦は結婚後も名前で呼び合っているということが多いです。

子供が生まれてからは子供に言葉を教えるためにパパ、ママと呼んでいる夫婦もいますが、原点に立ち返って名前で呼ぶのもいいでしょう。

名前で呼び合うことで、お互いに特別な存在だと認識し合い、夫婦仲を維持することができると考えられます。

もしあなたが今、名前以外の呼び方でパートナーを呼び、夫婦仲に不安を感じているようなら、一度名前で呼び合うことを提案してみてください。

名前から考えた呼び方やちゃんづけ、くんづけでも構いませんので、ある程度の期間名前で呼び合ってみると、お互いの見方も変わるかもしれません。

パパ、ママと呼び合う

子供が生まれてから子供に言葉を教えるために、あるいはパートナーに自覚を持たせるためにパパ、ママと呼んでいる夫婦もいます。

子供がお互いの共通点で、夫婦2人とも子供を愛しているということであれば、パパ、ママと呼び合うのもいいでしょう。

パパとしても、ママとしても、一人の男性としても、一人の女性としても愛している、ということであれば、丸ごとそのパートナーを愛していることにつながるからです。

慣れてしまうといろいろな思いがよぎり、名前で呼んでほしいという人もいるようですが、子供を交える中ではパパ、ママでもいいのではないでしょうか。

ただ中には、自分はあなたのママではない、一人の男としてみてほしいという人もいますので、パパ、ママと呼んで相手が嫌がるようなら控えた方がいいでしょう。

パートナーが特に嫌がらず、パパやママといった呼び方を受け入れているようなら、しばらくパパ、ママの呼び方を続けてみてください。

子供がある程度大きくなったら名前呼びに戻してみるのもお勧めです。

ただし、あまりに長く「パパ・ママ」といい続けているといまさら恥ずかしくて名前を呼びにくいということにもなりかねません。

二人だけの時など機会があるたび名前呼びをした方が後々スムーズに移行できます。

一番NGな呼び方は

昔の人ほど、妻のことをおい、と呼びかけることがあると言います。

奥さんの場合は、「ねえ」「ちょっと」といった呼び方になりますが、
若い夫婦でも夫や妻のことを名前やパパ、ママではなくこういった言い方をしてしまうこともあります。

どちらにしても、言われている方は自分にはきちんと名前があるのに、もの扱いされているようで嫌だ、という思いを抱える人も少なくありません。

今更、変えるのは恥ずかしいなんていっている場合ではありません。相手のことを「おい」「ねえ」などと呼ぶのは自分に置き換えるとよくわかりますが、気持ちのいいものではありません。

今は特に何も言わなくても、なにかのキッカケでいつか爆発、夫婦げんかに至ってしまう可能性もあるのです。

不快な呼び方は離婚原因にもなりかねない

離婚原因としても、自分のことを名前で呼んでくれないという理由すらあるのです。夫婦仲が冷めてきたと思ったら、呼び方を一度見直してみることをお勧めします。

変えるのが遅くなればなるほど呼びにくくなってしまいます。今すぐに始めるようにしてみてください。

パートナーも一人の人間ですから、名前や愛称で呼ぶようにしましょう。

まとめ

夫婦がお互いに何と呼び合っているか調べると、名前で呼び合う、愛称やあだ名で呼び合う、パパ、ママと役割で呼び合うという答えが多く見られます。

名前は生まれたときに授けられた特別なものですから、愛する人から呼ばれることで特別な響きとなります。名前で呼ばれるということは特別なことであり、大事にされていると感じることができるのです。

海外ではニックネームやファーストネームで呼び合うことが多いですが、日本は他人の場合は苗字で呼び合うことが多い文化です。そのため下の名前で呼び合うということは夫婦や恋人、家族に許された特権とも言えるのです。

また子供が生まれてパパ、ママと呼び合うのも、親になった自覚を持ち、お互いがなくてはならない存在と認識するきっかけとなります。

お互いに嫌でなければ、パパ、ママと呼ぶのもありです。

できれば名前や愛称がベスト

しかし、パパ・ママ、お父さん、お母さんといった呼び方は「役割」の名称です。個人を特定するための呼び方ではありません。

実際に、あるアンケートによると

「子どもの前ではパパ・ママでいいけれど二人の時はちゃんと名前(ニックネーム)で呼んで欲しい」

という人がほとんどだそうです。いまさらと恥ずかしがらずにできるだけ名前やニックネームで呼びかけることが夫婦円満の秘訣ともいえそうです。

特に注意したいのは「おい」「お前」「ねえ」など相手が嫌がるような呼び方や物扱いしたような呼び方です。

これは呼ぶ人は偉そうに感じますし、呼ばれる方も嫌な思いをしますので、控えるようにしましょう。

できるだけ名前で呼び合い、お互いに呼んでほしい愛称などがあるようなら、相手の意見を尊重してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする