1歳の子どもがパパになつかない!その原因と対処方法は

パパになつかなくて泣く女の子子育ては夫婦で協力して行うのが理想ですが、1歳~2歳ぐらいになぜかパパになつかない子がでてきます。

そうなると、何かするたびに

ギャーー

と泣きわめくのでパパも疲れてしまってお世話をしたくなくなってしまいます。

父親は平日は仕事でかかわる機会も少ないのに、さらに子どもから拒否ではますますなつかなくなりママとしても困ってしまいますよね。どうしてパパになつかないのか、その理由と対処方法について解説します。

なぜパパになつかないのか?

パパになつかない理由は一つではありません。子どもながらに敏感に感じ取る 何か があるのです。成長するにつれ徐々に解消しますが、パパ側がまいってしまうのも困りものなのでまずは原因を探ってみましょう。

スキンシップ不足

1歳ぐらいの子どもがパパになつかない原因として最も多いのがスキンシップの不足です。大抵のパパは昼間は仕事で家にいませんので子どもと接しているのはどうしてもママが多くなってしまいます。

0歳だとあまりママに執着していない子も多いのでたまにしか会っていなくとも平気でパパを受け入れますが、少し成長して周りが見えてくるとパパがイヤというよりママ以外はイヤという状況になってしまいます。

体の一部分が怖い

これは友人の話ですが、子どもが1歳ぐらいのときにパパが帰ってくるといつも泣くようになったそうです。

急に泣くようになったので、理由がさっぱりわらなかったのですが、ある日テレビをみていてヒゲを生やした人がでている場面で同じように泣き出したため、「もしかして」と思いヒゲを剃ってみたら、次の日からパパを見ても泣かなくなったそうです。

このように、帽子や、ヒゲ、メガネなど子どもにとってなにか不安になる要素があることもあります。

時期的な問題

1歳~2歳の時期は、どうしてもママ追いをする子が多いです。これは本能的なことなのでパパのせいではありません。2歳過ぎぐらい、どんなに遅くとも4歳ぐらいになると、ママ以外に興味が向くのでパパ嫌いが解消する場合がほとんどです。

夫婦仲が悪い場合

子どもは見ていないようで、少しの変化や雰囲気を察してしまいます。ママがパパのことを嫌っていたり、言い争いが多いような場合どうしても子どもがなつかなくなることがあります。また、普段パパがいないときにママが悪口を言ったりすると、言葉がわからなくともママの雰囲気でパパに嫌なイメージをもってしまうこともあります。

パパになつかないとママが困る

パパになつかない状態を放っておくことで、パパが子どもにかかわるのをイヤになってしまうとますます溝が深まってしまいます。

そうなると、ママ自身が子どもを置いて用事をすませたい時やちょっと子どもの面倒を見てもらいたいなと思っても旦那さんが子どもとの接触を拒否するようになってしまってはいい家庭をつくれません。

パパになつかないのは、一時的なことではありますが、できるだけ対策をしておかないとパパの子どもに対する印象の悪化という最悪の事態になることもあるのです。

パパになつくためにはどうする?

では、子どもがパパになつくにはどうすればいいのでしょうか?以下の対処方法は、原因別になっています。まずはこれらの対処方法を試してみてください。

とにかくスキンシップを増やす

パパになつかない一番多い原因は単純にスキンシップ不足です。

平日は子どもが起きている時間に帰ってくるなど、顔を見せる、休日は公園に遊びに行く、二人では無理ならママと三人で出かける。お世話ができなくとも、一人で遊んでいるところを見守ってあげるなど少しづつでもパパが子どもに接触する機会を増やすしかありません。

パパが接触する機会を増やすことは、パパ自身の子どもに対する愛情にも変化が訪れます。男性は子どもに対する愛情は始めは薄いのですが、子どもに接する回数を増やすことで子どもを愛しく感じる脳の部分が活性化するという研究結果もあるのです。

子どもとパパが接するときの注意点はしつこくしないことです。無理にかかわろうとすると、逆に子どもに不快感を植え付け、この人はイヤな人だという負のイメージがついてますます悪化してしまいます。

ママがパパと仲良いことをアピールする

このころの子どもにとってはママが世界のすべてです。ママの味方は自分の味方、ママの敵は自分の敵と思ってしまいます。普段パパがなかなか子どもに会えなくて、関係が薄くともパパのことを「ママの大事な人だよ」「仲良しなんだよ」とアピールすることで、敵ではない(怖くない)という目で見始めます。

不安な原因を取り除く

もし、パパの外観によって子どもが不安になっているのがわかっているのならそれを取り除けばすむ話です。メガネ、帽子、ヒゲ、服装などなにか要素があるのかを注意深く探ってみてください。

外観で怖がっているのがわかる方法は、テレビや絵本の様子を見ることです。ヒゲの人がでているテレビ、メガネの人がでているテレビなどでイヤな反応をしていないか見てあげてください。

ちなみに、私の甥っ子は相撲取り(太った人)が大嫌いでテレビに出てくるといつもギャン泣きしていました。このような場合は、パパは頑張ってダイエットするしかないか、もう少し成長するのを待つしかありませんが。。。

どうしてもうまくいかない場合

そうはいっても、子どもの成長や感じ方は人それぞれ頑張ってパパがスキンシップをとっても、なにをしてもダメなときはダメなんです。

そんなときは、仕方がないと無理をせずにしばらくは様子見をするしかないこともあります。

単身赴任などで、よっぽどパパが家にいないということでもなければ、この状態は永遠には続きません。子どものキモチはコロコロかわります。遅くとも3歳~4歳と言葉を覚え最初のママ離れが始まるとママとは違った遊びや特徴を持つパパのことが大好きになる子も増えてきます。

多くの子どもが大きくなっても記憶をもっているのは3歳以降です。今はしかたないと割り切って、なつかない今のうちはママのサポートに徹するなど今のパパの仕事を頑張る切り替えも大切でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする